薬剤部

私たちは、薬の専門家として「安全にそして安心して医薬品を使用できる環境を整える」ことを基本にしております。

当院薬剤師は、薄いピンクのユニフォームを着用しています。一目で薬剤師とわかるように、気軽に薬剤に ついて聞いていただけるように、という思いからこのユニフォームを着用しています。

また、これからの医療人として薬剤師を育てていくことにも力を入れています。複雑化していく医療のなかで 十分に対応できる薬剤師を育てていくことも私たちの役割と考えています。

概要・部門紹介

調剤業務・製剤業務

全ての処方せんを鑑査し、必要に応じて医師に処方内容を確認(疑義照会)しています。 適正な処方せんのみ調剤および調剤鑑査をしています。内服薬は患者さまの状態に応じて、複数医薬品の一包化・粉砕等を行い、 薬を飲みやすくする工夫をしています。注射剤は、配合変化や相互作用の有無などを確認し、 個人別に病棟に払い出しています。中心静脈から投与される栄養輸液は、薬剤部で無菌的に混合調製を行い、病棟に払い出しています。

調剤風景

服薬説明・医薬品情報提供・チーム医療

薬剤師が各病棟で活動を行っており、患者さまに処方された薬剤の服薬方法・管理方法の説明、持参した薬剤の管理、 薬物治療における効果と副作用のモニタリングを行いっています。

さらに患者さまや医療スタッフへの医薬品情報の提供・医薬品の品質確保を行っています。

また、それぞれの領域の専門職種がチームとなって患者さまの治療にあたっています。 薬剤師も感染制御チーム(ICT)や栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチームなどの医療チームに参加して 患者さまの治療がより良く進むようにサポートしています。

外来化学療法(抗がん剤治療)

各がんガイドラインに基づいた治療計画に沿って、患者さま毎に無菌的な抗がん剤の 混合調製を実施しています。また、患者さまへの抗がん剤を含めた医薬品の説明や副作用対策の検討も行っており、 随時医師や看護師と情報共有して治療計画に参加しています。

外来化学療法

スポーツファーマシスト活動

スポーツファーマシストとはドーピング防止と薬物・薬剤に関する専門的知識を有し、 スポーツ現場において薬に関する問い合わせに応じるほか、ドーピング防止教育等を行う資格です。

当院では健康スポーツ部医師と連携し、当院に受診されるアスリートやスポーツ愛好家の方に処方される薬の評価や提案等を行っています。 さらに、当院医師がチームドクターを務めるスポーツチームのチームスタッフとして常備薬管理、薬相談応需、ドーピング防止教育等を行っています。

特色

レジデント研修制度

社会に貢献できる医療人となるために、また薬剤師という職種を守るため、初期研修プログラムとしての薬剤師レジデント制度を導入しています。

研修期間は2年間となります。

2年間で薬剤部中央業務、各診療科、病棟、外来化学療法室を研修しチーム医療に参画できるようになることを目的とした制度です。

内容は以下のような特色を有しています。

  • 各カリキュラム終了時に自己評価と指導者の評価を確認することで個々にあわせたカリキュラムの修正を行う。
  • 月1回の発表会を行うことでプレゼンテーション能力をつける。
  • テーマを見つけて2年次には学会発表へつなげる。
  • 1年目レジデント生と学生の指導にあたることで教育することも学ぶ。

病院薬剤師の基礎を確立し、患者さまの健康、安全に寄与する薬剤師を育成していきます。

募集要項については こちら をご覧下さい。

学生実習の受け入れ

医療人として相応しい質の高い薬剤師を養成するため、薬学教育は平成18年度から6年制が導入されました。 臨床に関わる実践的能力の向上を目的とし、実務実習(学生実習)は2.5ヶ月間となっています。 そのため当院では臨床での体験を重視し、実習期間中は病棟に関する内容の占める割合が多くなっています。 また、手術室を見学したりチーム医療について学んだりするなど、医療現場の実際が体感できるようにしています。

学会発表

2014年9月 医療薬学会 神奈川県中小病院でのTDM業務導入推進の取り組み
2014年10月 神奈川県病院学会 免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドラインに基づいた取り組み
2015年1月 かながわ薬剤師学術大会 添付文書記載の腎機能(クレアチニンクリアランス)に応じた用法・用量の確認と疑義照会を徹底する試み
2015年1月 かながわ薬剤師学術大会 入院患者の持参薬の抗血栓薬の休薬及び再開に関する実態調査

執筆・講演等

2014年4月 スポーツファーマシスト活動の紹介(執筆)
2014年7月 国民体育大会サッカー神奈川県代表選手に対してドーピングに関する講義
2014年10月 化学療法により発症するB型肝炎対策(講演)
2014年11月 レジテントプログラムから学ぶ新人・若手教育(執筆)
2015年1月 地域-連携病院薬剤師の視点で出来ること(シンポジスト)
2015年2月 免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドラインに基づいた取り組み(執筆)

内服抗がん剤を含むレジメン