麻酔科

  • 概要・特色

  • 外来診療予定・医師のご案内

病気やケガに対して手術による治療を選択された場合、麻酔が必要になります。 手術操作は痛みだけではなく、身体に大きなストレスも与えます。麻酔薬や各種全身管理技術を駆使して痛みを取り除き、 ストレスから身体を守ることが麻酔の役割です。麻酔は、意識があるかどうかで全身麻酔と局所麻酔に分類されます。 局所麻酔には脊椎(せきつい)麻酔、硬膜外麻酔、伝達麻酔、局所浸潤麻酔などがあります。当院では局所浸潤麻酔以外の 麻酔は全て麻酔科の医師が担当します。当科は一人一人の患者さまに最適最善な麻酔を計画します。状況によっては患者さま自身の 希望で麻酔法を選択することが可能なこともあります。麻酔について十分な説明を行うことで患者さまの理解と納得を頂くよう努めます。 そして何より、安全に麻酔を実行することで、手術をご決断された患者さまに貢献したいと考えております。

概要・診療科紹介

当院は日本麻酔科学会認定病院であり、学会の認定を受けた指導医5名、専門医2名、認定医1名で麻酔診療にあたっています。

全ての手術患者さまは麻酔科医による術前診察を受けて頂き、全身状態の評価を行わせて頂き、書面を用いた麻酔の説明を行わせて頂きます。 麻酔に伴う何らかの危険因子に言及することもありますが、この麻酔科術前診察を通じ、当院での麻酔について、 患者さまおよび同席されたご家族さまにご理解と同意を頂けるよう努めます。
さらに麻酔科術前外来の場では、麻酔について患者さまの感じている不安やご要望もお聞きかせ頂き、術前の不安の軽減に努めたいと思っております。

手術当日には患者さま一人一人に担当麻酔科医がつき、責任を持って麻酔管理にあたります。毎日の麻酔科カンファレンスでは 翌日の全ての手術症例について麻酔科スタッフ全員での情報共有をはかり、麻酔をかけるのに特別な備えが必要な症例や、 麻酔中の予期せぬ事態に対して担当麻酔科医の支援をスムーズに行える体制を構築しています。

手術後はベッドサイドに伺って麻酔科診察を行い、患者さまの術後の回復状況の確認と麻酔に関連した術後のケアを通じて、 麻酔のさらなる質の向上をはかりたいと考えています。

症例実績

手術麻酔
2016年度 主な症例件数
全身麻酔(+硬膜外麻酔) 1,963 脊髄くも膜下麻酔(+硬膜外麻酔) 416
その他 0    
症例数合計 : 2,379
ペインクリニック
2016年度 主な症例件数
外来患者数 1,887 新患 61
外来ブロック 447 透視下ブロック 72

外来診療予定

ペインクリニック

担当医のご紹介