形成外科

  • 概要・特色

  • 外来診療予定・医師のご案内

形成外科とは、先天的あるいは後天的に、身体に生じた組織の変形や欠損、整容的な問題点に対して、 機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることを目標とする専門領域です。 当形成外科におきましても、患者さまの"Quality of Life 生活の質"の向上に貢献すべく、日々の外来・入院診療に取り組んでおります。 地域の皆さまを始め、当形成外科で治療を受けられた患者さまが笑顔となられますよう尽力させていただきます。

概要・診療科紹介

1.診療体制

常勤医師2名、大学病院からの非常勤医師1名の体制で行っております。月曜日〜土曜日(木曜日を除く)の午前中に外来診療・初診受付をしております。火曜・水曜午後は専門外来の予約外来となります。手術は月曜日の午後、木曜日終日で行っています。

2.当科の特徴

  • 眼形成眼窩外科
    当科は、聖隷浜松病院眼形成眼窩外科で修業した医師が診療にあたっております。眼形成眼窩外科で扱う疾患は、眼瞼下垂、睫毛内反(逆さまつげ)、眼瞼内反、眼瞼外反、瞼裂狭小症候群、内眼角贅皮、顔面神経麻痺、眼瞼結膜腫瘍、結膜下脂肪ヘルニア、翼状片、結膜弛緩症、涙嚢炎など多岐にわたります。また、まぶたの手術は全例、顕微鏡を使用していますので、他院術後の修正にも対応が可能です。
    当科は形成外科ですが、オキュラーサーフェスを意識した診療にあたっており、眼科との連携も密に行っております。眼瞼下垂の手術でもまぶたを挙上することは重要ですが、角膜障害を引き起こしては意味がありません。機能面、整容面を意識した治療を心がけております。
    また、流涙(なみだ目)に対する、シリコンチューブの挿入も積極的に行っております。
  • 顔面骨折
    当科は、頬骨骨折や鼻骨骨折などにも対応しております。使用するプレートもチタン、吸収性プレートなど患者様の選択が可能です。

診療方針

当院で扱うその他の疾患

  • 顔面外傷、体幹・四肢軟部組織損傷、良性皮膚腫瘍、悪性皮膚腫瘍、瘢痕・ケロイド、嵌入爪・巻き爪、ばね指、デュピュイトラン拘縮、腋臭症、包茎


外来診療予定

担当医のご紹介