臨床研究について

 多くの患者様に、よりよい治療を提供できるように、日々医療分野で研究が進められています。多くの薬や治療・診断法は臨床試験によって開発されたものです。
 臨床試験とは、新しい薬や医療機器の実用化や従来使われている薬の新しい使い方を検討するために、厚生労働省の定めに従って行う臨床研究をいいます。治験で集めたデータは、新薬の効果や安全性を検討する資料となり、国の審査を受けます。承認を得て初めて、新薬が一般治療に利用できるようになります。
 新薬のほかにも、よりよい診断や治療のために医学的なデータを得るさまざまな臨床試験があります。自主臨床試験によって得られた知見は、学会や専門雑誌への発表を通じて、医学の水準向上に役立ちます。


オプトアウトについて

 臨床研究のうち、患者様への侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用い研究等については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、患者様には拒否の機会を保障することが必要とされております。
 研究への協力を希望されない場合は、研究担当者までお知らせください。

現在進行中の臨床試験

腹腔鏡下直腸癌切除における技術認定医手術参加の有用性に関する検討
<2020年6月15日~2021年6月30日> 担当 外科 五代天偉

腸内細菌叢と消化器疾患発症に関する前向き観察研究
<2020年5月1日〜2025年4月30日> 担当 外科 鈴木紳祐

直腸脱に対するロボット支援下直腸挙上固定術
<2020年5月1日〜2022年4月30日> 担当 外科 鈴木紳祐

根治的外科治療可能の結腸・直腸癌を対象としたレジストリ研究GALAXYtrial
<2020年4月15日~2030年3月31日> 担当 外科 五代天偉

血液循環腫瘍DNA陰性の高リスクStageⅡ及び低リスクStageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのCAPOX療法と手術単独を比較するランダム化第Ⅲ相比較試験
<2020年4月15日~2029年2月> 担当 外科 五代天偉

大腸切除術の機能的端々吻合における術後合併症に関する前向きコホート研究
<2020年4月15日~2023年3月31日> 担当 外科 五代天偉

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究
<2020年4月~2030年3月>
整形外科において、運動器の手術を受けられた方を対象とします。
人工関節手術、関節鏡視下手術、脊椎手術、骨折治療の手術などが対象となります。
                              担当  整形外科 小栁匡史

消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データーベース構築
<2020年4月~2024年12月>
藤沢湘南台病院消化器内科・外科において内視鏡検査・治療を受けた方
                              担当  炎症性腸疾患センター 松田玲圭

側方侵入椎体間固定術の合併症のデーターベース構築に関する研究
<2018年1月~2022年12月>
側方侵入椎体間固定術を受けた方
                              担当  整形外科 加藤卓也

腹腔鏡下直腸癌術後性機能障害に関する多施設前向き観察研究
<2019年12月26日〜2026年1月31日> 担当 外科 五代天偉
COI はありません
腹腔鏡下直腸癌手術における腹膜外経路人工肛門造設術の安全性に関する非ランダム化検証的試験
<2019年5月~2023年3月> 担当 外科 五代天偉
COI はありません
直腸癌におけるOne Step Nucleic Acid Amplification法を用いた側方リンパ節転移予測
<2018年5月~2021年3月> 担当 外科 五代天偉
COI はありません
大腸癌切除症例の予後に関する外科治療学関連多施設共同研究
<2017年11月~2021年7月> 担当 外科 五代天偉
COI はありません

登録終了の臨床試験

StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第Ⅲ相比較臨床試験(JFMC47-1202-C3: ACHIEVE Trial)
COI はありません

再発危険因子を有するStageⅡ大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究
(JFMC46-1201)
COI はありません



治験について

公開資料